初めてのトレイル?

Posted on

ここ数年、海の日の前後に赤坂御所まわりのヒルコースを走って、森のビアガーデンで打ち上げという事をやっていたが、今年はみんなの都合も合わず取り止め。

そこで今月は水曜日が5回あるし、都心で練習しても暑いし、少しでも涼しい場所として思い浮かんだのが山。

トレイルランも大人気だし、こんな練習会もたまには良いかなと考え、ふと思いついたのが高尾山。

雨が降らなければみんなでトレイル走って、ひとっ風呂浴びてから、ビアマウントへ行こうという企画が無事完成(笑)

早速告知したら、Tくんが一番に食いついてきた(≧∇≦)

最初、C君達は来ないだろうなと思っていたが、日が近づくにつれ、行くよとのこと。

古希にして、初トレイルか!

そんなこともあり、最初は参加人数少なかったが、蓋を開けてみれば、9人と大人数(*´∇`*)

高尾山口駅に荷物を置いてピストンというのも何なので、高尾駅9:30集合にして日陰沢林道から城山経由の高尾山〜高尾山口駅という、ワンウェイにした。
※あとで気づいたが、荷物を置いてもそんなに差はなかった(_ _;)

新宿から向かう途中、Tくんが写真を送ってきた。

2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅1

もうすでに登ったらしい。

もしやと思っていたけど、ほんとに先に走っているとは(笑)

高尾駅到着後、待合せ場所のセブンイレブン前に行くと、既に女子3人は到着済。

2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅2
2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅3

あとはTくんさえ来れば出発できる。

しかし、しばらく待ってもなかなか来ない。

仕方ないので、電話やメッセージで連絡を取る。

やっと通じたので、「どこに居るの」と聞いたら、「セブン」とのお答え。

って、店内にもいないじゃん!

と、ここで考えた。

先日久しぶりに来たとき、下山後の憩いの場だったサンクスが潰れた感じだったので、Google Mapで他のコンビニを探した結果、ちょっと離れたところにファミマを発見!

そこまで行ったら1軒手前にセブンイレブンがあった。

という事で、集合は高尾のセブンだけど、高尾山口駅近くのセブンじゃないよね?と確認。

そしたら案の定、そちらにおいでになった模様。

仕方ないので、城山で合流しましょうと伝え、スタートする。

あれほど、高尾山口駅ではなく、高尾駅だと言ったはずなのに…(_ _;)

でも少し進んで気がついた。

トリックアート1.4kmって看板があるってことは、この道を1.4km走れば高尾山口駅じゃん…。

まぁ城山で合流と言ってしまったし、知らない場所でもないだろうから、何とかなるだろうと歩を進める。

今日のコースは、西浅川の信号を右折して小仏のバス停方面に向かうのだが、丁度、その西浅川の信号の所でTくん発見!

てっきり、1号路とか稲荷山コースとか、普通に高尾山頂経由の城山合流のつもりでいたが、事前に伝えておいたコースを見て、反対側に来たのだろう。

良かった、良かった(´▽`) ホッ

という事で、ここからはTくんも合流して城山へ。

極力日陰を走りながら、日陰沢林道の入口を目指す。

2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅4

川の近くは、風もあって幾分涼しいが、住宅地は暑い(>_<)

上り坂に加え、おしゃべりしているものだから、30分程かかったが、無事林道の入口に到着。

5月に足柄峠に行った際、Tくんがスイスイ登っていたので、一本道だし先頭はお任せして、今日はスイーパーに徹する。

時を同じくして、5-6人のトレラングループに遭遇。

彼らも今日は日陰沢林道から城山か…

何となく走力の差が出て、前にTくん、Kちゃん、N子さん、Yさん。

後ろに初トレランと思われるWじぃとkちゃん、私、という感じ。

しばらく登っているとだんだん前と差が広がる。

動画:古希にして初めてのトレイル

N田さんも前に追いつこうという感じで気持ちペースを上げたので、、前のグループ、N田さん、残り3人という、3グループに別れる形に。

途中、先程のグループが水場で休憩していたので、一番後ろの3人も便乗して、顔を洗ったり、喉を潤したり。

あちらのグループは待ってくれているのに、うちの人達は待っててくれないわ〜とか言いつつ歩を進める。

しばらくして、一本道だし様子見でとちょっとペース上げたら、100m位前にN田さんとYさんの姿を発見!

意外と近かった(^^)v

後ろのC君とkちゃんを待って、とりあえず前を追うからと伝えペースアップ。

少ししてN田さん達に抜かれた模様の、N子さんに追い付く。

そのまま一緒に行こうと思ったが、林道のゲートが閉まっており、知らない人はどうして良いかわからないはず。

仕方なく、後ろから来る2人の目に入る位置で待機し、ゲートに来たところで大声で指示を出してから、先を急ぐ。

先程の3人を順次パスして残りは2人。

山頂のアンテナが見えたのでゴールは近いはず。

Tくんに追い付くのは無理でも、Kちゃんには追いつきたい。

何とか、もうあそこを曲がれば山頂というところで追い付いた(^^)v

その後、後ろの人達が来るのを待ち、来るたびに、山頂は、あのガードレールの先だから、あと少し頑張ってと声を掛ける。

最後のkちゃん、C君が来たところで合流。

何とかみなさん無事に山頂へ。

kちゃんが、「みんなに付いていけないから、私このまま降りて帰ります」と言うが、ここから先は高尾山の山頂付近で少し登るものの、基本的には下り。

何とか制止し、とりあえすご褒美のかき氷タイム(*´∇`*)

動画:城山のかき氷

「FBでよく見る大きなかき氷はここのだったんだねー」と、C君も大喜び。

2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅6

30分位休憩していたら時間がおしてきた。

記念撮影だけして先を急ぐ。

2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅7
2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅8

そして、高尾山に到着するも山頂には行かずに、見晴台の所で、後ろが来るのを待ってもらってすぐスタート。

2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅9

まぁ、今日は天気良いのに富士山見えないし、既にこの時点で12時過ぎ。

当初の予定ではもう降りていたはず…”φ(・ェ・o)~メモメモ

稲荷山コースで降りると言うので、前はお任せしてスイーパー。

C君は、Tくんに付いて先頭グループ、代わりに今度はN田さんが後ろ。

途中までは、それほど差が開かなかったが、上り階段を駆け上がったみなさんと、歩いて登った後方グループで差が開き、階段上りきった時点で、前は見えなくなってしまった。

まあ、そうはいっても下山しなければならない。

見晴台もスルーして前を追う。

kちゃんが、あとどれくらいかと聞くが、走って降りればこの稲荷山コース30分程だったはずなので、あと10分と告げ、気持ちを切らせないようにする。

見覚えのある柵が出てきたので、ここまで来ればひと安心。

が、下に降りると誰もいない…( ̄□ ̄;)!!

となると、先に駅へ向かったのだろう。

駅に着くと、何故かC君が足洗ってる。

これから風呂入るのに…( ̄~ ̄;) ウーン

既にこの時点で、12:30をまわっている。

Sさんと13:30にビアマウントで待合せしている関係で、とりあえすみなさんには13:30駅改札集合、Sさんにもメッセージを残して極楽湯へ。

ケーブルカーの時刻を調べたかったが、店内には掲示もないし、従業員もわからないと言うので、仕方ないが出たとこ勝負。

やはり平日だからか、意外にも極楽湯は空いていた。

出る頃には混んでいたけど(笑)

みんなを急がせるも、Sさんがいない。

連絡取れれば良いのだが、繋がらないし…(;-_-) =3 フゥ

とりあえず、駅の案内所でケーブルカーの時刻は15分おきと聞いて、13:45に乗車することに決定。

清滝まで早歩きで移動した所で、やっと連絡取れた(^^)ニコ

既に上にいるらしいので、日陰で待っててと伝え、ケーブルカーに乗り込む。

最初はそうでもないなと思ったが、最後は日本一急な坂を登って無事到着(*・∀-)b

Sさんも合流してビアマウントへ〜♪

テント席にしたが、暑いし眺望はイマイチ。

2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅10
2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅11

展望席か、涼しい室内にすれば良かったかなσ( ̄∇ ̄;

途中N子さんが、iPhoneをすのこのすき間から下の山の中へ落としたり、Yさんがダウンしてたりしたが、2時間楽しくおしゃべりしながら、飲み食い。

個人的には、早い段階でお腹一杯になったせいか、今日はイマイチ飲めず、残念(>_<)

2019/07/31の颯走塾高尾山ビアマウントを目指す旅12

みなさん、今日はお疲れ様でした (-ω-)

About

織田フィールドや皇居、その他都内各所にてマラソン練習会やランニングイベントを行っています。 老若男女、経験の有無を問わず、マラソンが好きな方、これから走ろうと思っている方なら誰でも参加OKのランニングサークルです。 一緒に練習してレベルアップするもよし、イベントに参加してラン仲間を増やすのもよし。私達と一緒に楽しいランニングライフを目指しましょう!

Search

Subscribe to our feed

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL